カットシザーの「小指掛け」はなくてもいい、という発想

カットシザーの「小指掛け」とは、その名の通り、ハサミを使う際に小指をかける部位です。ここに小指を乗せると安定してハサミを持つことができ、スムーズにヘアカットができます。

小指掛けは、あって当たり前、使うのが当たり前、と思っている方が多いかもしれません。

が、実はなくてもいいのです。

カットする際にお客様の顔に当たってしまって邪魔なので、逆にない方が使いやすい、という美容師さん理容師さんもいらっしゃいます。

この記事を読んで「そう言われたら、ないほうがいいかも」と思われた方は、小指掛けを取ってみましょう。ネジ式の小指掛けの場合は、そのままねじって外せばOKです。ネジ式ではなく固定式の小指掛けの場合でも、ハサミ屋はやしにお任せいただければ、削って取ることができます。

「もともとあったものを取ってしまうと変な凹凸ができるのでは…」という心配はいりません。丁寧な仕事で、まるで最初から何もなかったかのような滑らかなフォルムに仕上げます。

固定式の小指掛けを取った後、ネジ切りをしてネジ式の小指掛けを取り付けることも可能です。

小指掛けを丸ごと取るのではなく、短くすることもできます。

今のハサミだといまいち安定せず手が疲れてしまうという方はぜひご検討ください。ご用命は、ハサミ研ぎ・メンテナンス「オプション特殊加工」からどうぞ。

ハサミ研ぎ・メンテナンス「オプション特殊加工」