カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

菊井シザー・商品一覧・まとめ

最高の品質は、最良の材質から !!
プロの技術者に満足いただける理美容鋏を安定してお届けすることが、菊井シザーの使命。
そのためには、精密な機械加工と熟練した職人技の両方が欠かせないと考えます。



☆菊井シザーズ・SCISSORS☆


☆菊井セニング・THINNING☆

※掲載されていないキクイシザーの商品も取り扱い出来ます。 
お気軽にお問い合わせ下さい。





理美容鋏に初めて開発したオールコバルト合金鋏で、酸やその他の薬品にも絶対にサビることがなくシャープな切れ味が永く続きます。
刃材に希少金属コバルトを約70%含有するコバルト基合金を使用。絶対にサビることなく、切れ味が永続きします。
初期モデル発売から40年以上、時代を超えて選ばれ続けるキクイシザースの代表作です。
1973年の誕生以来、愛され続けてきたキクイの定番製品「コバルト」。
飾り気のないシンプルなデザインと、長く使い続けられる信頼の品質で多くのユーザーに支持されてきました。
発売当初から変わらない基本設計の高さは理美容界だけでなくデザイン、産業界においても広く認められています。
コバルト含有率70%、絶対にサビない材質・コバルト基合金。その加工は、決して簡単ではありません。
そんな材質にこだわり、向き合い続けてきた私たちにしか作り出せないクオリティ。
“道具”にこだわる技術者に切れ味と耐久性で選ばれる、キクイを代表する製品です。

・材質へのこだわり

理美容鋏が日々使われるのは、水気が多くパーマ液等の薬剤にも触れる、金属にとって過酷な環境。
ステンレスであっても、手入れ・使用条件によりサビは発生します。
落としたり噛ましたりしたわけでないのに、何だか切れ味が衰える…。
その原因の一つが、ステンレス表面の目に見えないサビなのです。
プロが使う道具として、長く使える理美容鋏であるために、どのような材質がよいか?
私たちが40年以上変わらず選び続けてきたのは、絶対に錆びることがなく、切れ味が長続きするタフな金属、コバルト基合金。
コバルトが70%含まれるコバルト基合金は磁石に付かず、一般的なステンレス (コバルト含有率5%前後) よりもはるかに酸や腐蝕に強く耐磨耗性にも優れた、理美容鋏にとって最良の材料です。
キクイでは品質を維持するために、常に安定した良質のコバルト基合金を選び続けています。

・製法へのこだわり

もちろん、素材がよいだけでは良い製品は生まれません。
大切なのは、素材に道具としての命を吹き込む”ものづくり”。
とくにコバルト基合金は一般的な鋼と比べて粘りが強く、加工が難しい材料です。
キクイは1973年に世界で初めて全鋼コバルト基合金の鋏を開発して以来、常に切れ味と使いやすさを追求してきました。
材料の溶接から最終仕上げまで、一貫して自社での加工を続け、コバルトのすべてを熟知してきた私たちだから、品質には絶対の自信を持ってお届けします。

・機能へのこだわり

キクイシザースのコバルトには、派手な装飾も奇抜なデザイン性もありません。 時代を超えて使い続けることの出来る、オーソドックスなハンドル仕様。狂いの少ない六角ネジは、少ない部品点数で職人の仕上げ本来の性能を引き出せるという利点があります。
40年間ほとんど変わることなく受け継いできたシンプルなデザインは、道具として本当に長く使っていただける機能性で選んでいただきたいという私たちの思いです。


 ◎店長オススメの理由! 
皆さんはどうやってハサミを選んでいますか? 
今まで使っていたメーカーのもの?
それとも周りの人がお勧めしてくれたメーカーのもの? 
光やジョーウェルの様な有名メーカーなら、安心感はありますね。 
もちろん、それも良いのですが、今回それらの有名メーカーではない、私のお勧めメーカーをご紹介します。 
キクイシザーズ、このメーカーの特徴は材質に尽きると思います。 
シザーの材質にコバルトを使用したものは、高級で良いシザーというイメージがあると思います。 
一般的にコバルトシザーと言っても、コバルト自体の含有量はせいぜい5%程度のものが多いのです。 
キクイのコバルトは含有量が70%!ちょっと普通ではありません!! 
コバルトは、絶対に錆びない上、切れ味が長続きする鋼材です。 
なぜこれくらいのコバルトを使用したものが少ないかというと、
コバルトの値段が高いことと、加工が難しいことでしょうか。 
つまり、ちゃんと切れるシザーを作るには、高い技術力がいるという事です。 
キクイのシザーは地味ですが、良いシザーです。
お値段も意外にリーズナブルですので一度、冒険してみませんか?

ページトップへ